WiMAX2+ ハイスピードプラスエリアモードについて

 

今回は、「WiMAX2+のハイスピードプラスエリアモードって何?」とか「利用するには何か特別なことが必要なの?」といった、わかりにくさで困っている方にも、初心者でもわかるハイスピードプラスエリアモードについての注意点と、制限などの仕組みについてもご紹介していきます。

ハイスピードプラスエリアモードはとても便利な仕組みなので、便利さがわかれば利用しない手はないかと思います。

 

ハイスピードプラスエリアモードについて

 

ハイスピードプラスエリアモードは、auのLTE通信である「au 4G LTE」を利用するモードです。

WiMAXには使えるモードが2種類あります。

1つはハイスピードモードと呼ばれるWiMAX2+の電波を使用するモードであり、今回ご紹介しているハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX2+とauのLTEの両方を利用できるモードとなっています。

どうしてこのような2種類のモードが必要なのかというと、WiMAX2+の電波を利用するハイスピードモードではカバーできないエリアで利用を可能にするためです。WiMAX2+の電波が届かないエリアは、地下や山間部等のエリアが多いのですが、ハイスピードプラスエリアモードを利用することで、auのスマートフォンと同じような広い範囲での利用が可能となります。

auの4G LTEを利用する回線ですので、auが誇る800MHzのプラチナバンドを利用していますので、エリアの人工カバー率が99%を超えるわけです。

このためWiMAX2+の電波が使える場所で併用することで、WiMAX2+とauのLTEの超高速通信が可能となる点がメリットです。

通常の下り最高速度558Mbpsnにauの回線の4G LTEを利用することで、理想値ですが758Mbpsの速度で利用できることになります。

ここまでを見ると、広範囲で使えるかなり便利なモードであり、かつ通信速度も場所によっては高速になるということでメリットだらけなのですが、実際にはデータ量の上限のデメリットや、データ量無制限のギガ放題のプランでの加入者でも、制限がかかる仕組みなどが分かりにくく、ハイスピードプラスエリアは初心者の方にはかなりアプローチが難しいものとなっています。

たしかに通信モードが2種類ある上に、ギガ放題のプランで加入していても、速度制限が発生するとなると、かなり理解しづらいですね。

便利なように見えるこのハイスピードプラスエリアも、上手に利用すればメリットが享受できますが、デメリットもあるためこの点を詳しくご紹介していきます。

 

ハイスピードプラスエリアモードにおけるデメリットについて

 

  • 3年契約をしている場合以外は別料金で月額1005円がかかる

もしWiMAXの契約プランが1年契約や2年契約である方は特に注意が必要です。

ハイスピードプラスエリアモードを使うと、その月には月額料金とは別に1005円の使用料が請求されます。

逆に言えば3年契約をしている方はこのハイスピードプラスエリアモードを無料で利用することができます。

ほとんどのプロバイダーを経由しての契約では3年契約が主流ですので、この場合はWiMAX2+を契約する際に、ハイスピードプラスエリアモードを無料で利用できるLTEオプションというのがつきます。ただし3年契約以下の契約の場合にこのオプションはありません。

1度でもハイスピードプラスエリアモードを利用すると月額の料金がかかってしまうので、もしハイスピードプラスエリアモードを利用したい場合は、3年プランで契約することをお勧めします。

  • 月7 GBの速度制限について

ハイスピードプラスエリアモードは、月間のLTE使用量が7GBを超えると月末まで128kbpsの速度制限が発生します。

ギガ放題で月間のデータ使用量が無制限のプランで契約しているのに、7 GBの制限ということで初心者にはかなり難しい内容となっています。

例えば1度でもハイスピードプラスエリアモードを使うと、ギガ放題でも月に7 GBまでしか使えないと勘違いしてる方もいますが、実際はLTEの使用量が7 GBを超える前であれば、通常のハイスピードモードに戻せば、普通に上限なしで使えます。わかりやすくまとめれば、ハイスピードプラスエリアモードで月間の使用量が7 GBを超えない限りは、何も心配する必要はないということです。

ただし1度ハイスピードエリアモードを利用したにもかかわらず、通常のハイスピードモードに戻すことを忘れて、そのまま使用してしまい月に7 GBを超えてしまうと、無制限のプランであってもスマホの速度制限と同じ128kbpsまで制限されてしまうため、インターネットの通常使用がかなり制限されます。

ちなみにこのハイスピードプラスエリアモードのLTEの使用量は確認することができますので、どうしても不安な方は参考にしてください。

  • 通信料カウンターで使用量を知る

ルーターに通信料カウンターが搭載されているので、そちらでおおまかな使用量を知ることができます。

  • プロバイダーにログインして詳細の使用量を知る

おおまかな数字ではなく詳細な数字の確認がしたい場合は、マイページからログインして通信料確認や、通信料照会といったメニューをクリックすることで、詳細な使用量を知ることができます。

 

まとめ

 

このハイスピードプラスエリアモードを使用した場合は、こまめにLTEの通信料をチェックしながら、通常のハイスピードモードに戻すように注意をすれば上手に利用することができます。