Wi-Fiの速度を上げる方法とは?遅くなる原因と対処法を分かりやすく!

 

インターネットを利用している時、Wi-Fiの調子が悪いな…なんて思うことはありませんか?

動画の視聴やデータのダウンロードに時間がかかったり固まってしまったりだと、ストレスが溜まりますよね。

突然遅くなった時はもちろん、最近なんだか遅い気がするという場合にも、これから説明する内容をチェックしていただくことで通信状況が改善するかもしれません。しっかり原因を究明し、快適に通信できるようにしていきましょう!

 

Wi-Fiの種類と性質を知ろう!

 

そもそもどうしてWi-Fiが遅くなるのでしょう。それにはいくつかの理由があります。機器の問題や使用状況の問題など。具体的に原因を挙げていく前に、まずWi-Fiの特徴を知ることで改善方法が理解しやすくなります。

■Wi-Fiの電波は1種類じゃない!

Wi-Fiの電波には通信規格というものがあります。それはIEEE 802.11というものに決まっているのですが、その中でもさらにa、b、g、n、anの5種類に分かれ、通信速度も違います。

そしてそれぞれの規格の電波が通る通り道のようなものが周波数帯と呼ばれていて、2.4GHzと5GHzの2つの周波数帯があります。

以下は通信規格・周波数帯・通信速度の対応表です。通信速度は数字が大きい方が早く、MbpsよりGbpsの方が大きい単位になります。

Wi-Fi(無線LAN)規格

周波数帯

最大通信速度

IEEE 802.11b

2.4GHz

11Mbps

IEEE 802.11a

5GHz

54Mbps

IEEE 802.11g

2.4GHz

54Mbps

IEEE 802.11n

2.4GHz/5GHz

65~600MBPS

IEEE 802.11ac

5GHz

290Mbps~6.9Gbps

ちなみにIEEE 802.11adという通信規格(周波数帯60GHz/最大通信速度7Gbps)もありますが、対応機種が少なく普及していない状況から、説明を省きます。

この表から、2.4GHzの周波数帯より5GHzの周波数帯であるWi-Fi規格の方が最大通信速度は速いことが読み取れます。それでは今度は周波数の特徴を説明します。

■周波数帯による特徴とは?

2.4GHz … 壁や床などの障害物に強い(電波が回り込みながら進む)

             多くの機器が利用するため、電波干渉を受けやすい

通信距離が長い

5GHz … 障害物に弱い(電波がまっすぐ進む)

            対応機器が限られるため、電波干渉を受けにくい

            通信距離が短い

2.4GHzはテレビのリモコンや電話の子機、電子レンジなどが発する電波もこの周波数帯を使うので、電波が混雑しているイメージです。このため状況により通信が不安定になるのですが、障害物に強く、壁や床などがWi-Fiルーターと端末の間にあっても通信できます。

代わって5GHzは一般的な家電などは使用しない周波数帯なので、電波干渉を受けにくいのです。ただし障害物に弱く、離れた別室や違う階で利用すると通信状況が悪くなりがちです。

■通信規格・周波数についての注意点

Wi-Fiの通信規格と周波数はWi-Fiルーターだけでなく、使用するスマートフォンやゲーム機などの端末にも設定されています。周波数が違えば通信できないのですが、同じ周波数でも通信規格が異なる場合は遅い規格の速後に揃えられてしまいます。例えばスマートフォンがIEEE 802.11acに対応した機種だったとしても、Wi-FiルーターがIEEE 802.11aにしか対応していなければ、11aの速度で通信することになります。

 

Wi-Fiが遅い原因と対処法

 

Wi-Fiの通信規格や周波数の特徴をお伝えしましたが、基本的には5GHzの周波数帯が高速であり、おすすめします。ただ、2.4GHzと5GHzそれぞれに強い(通信が安定する)部分と弱い(通信が不安定になる)部分があることを理解していただけたのではないでしょうか。土台ができたところで、Wi-Fiの通信が遅くなる理由と対処法をあげていきます。

  1. 障害物がある

W-Fiルーターと使用する端末が別室や階層が違うなどの壁や床が障害物になる場合は、電波が弱まり通信状況が悪くなることも。壁や床の材質がコンクリートや金属の場合は特に注意が必要です。障害物の材質によっては周波数を2.4GHzに切り替えると通信状況が改善することがあります。

  1. Wi-Fiルーターと使用する端末が離れている

電波は離れると弱まる性質があります。ルーターと端末を10m以内に近づけることが理想ですが、難しければ2.4GHzに切り替えることでこれも改善することがあります。

  1. 一度にたくさんの端末を使っている

高速通信であっても、同時にゲームや動画の視聴などの大量のデータ通信を行うと通信量の限界を超えてしまいます。試しに接続する端末数を減らしてみて通信が安定するようであれば、それが原因です。同時に接続する端末を減らすか、接続数に応じたWi-Fiルーターに変更すると通信が安定するでしょう。

  1. 通信機器が古い

通信規格は時代と共により高速で安定したものが開発されていきます。Wi-Fiルーターや使用する端末などの通信機器が古いものであれば、高速通信に対応できません。11acに対応した機器への変更をおすすめします。

  1. Wi-Fiルーターの設置場所に問題がある

以下のような場所はWi-Fiルーターを設置するにはふさわしくない場所です。移動することが好ましいでしょう。

キッチン

電子レンジや電磁調理器など、同じ2.4GHz周波数帯を利用する電波によって影響を受けやすくなります。

水回り、水槽付近

水は電波を弱める性質があります。

床上

電波が床で反射し、通信が不安定になります。床上1m以上の場所に設置するようにしましょう。

 

まとめ

 

最新のWi-Fiルーターを購入しても端末が対応していなければ速度が遅くなってしまう、またその逆もあります。例え通信機器は新しく通信規格も同一のものであっても、Wi-Fiルーターの設置場所に問題があるために通信の妨害をしてしまっている場合もあります。

Wi-Fiルーターの設置場所が変更できず、障害物が取り除けない場合は中継器を取り入れるのも一つの方法です。

ご紹介した原因をチェックして、パフォーマンスが改善されれば幸いです。ぜひご活用ください!

 

Wi-Fiの2.4GHzと5GHzの違いとは?特徴を分かりやすく比較!

 

スマートフォンやタブレットで高速Wi-Fiを使っているにも関わらず、通信が遅いとか不安定だとか感じることがありませんか?

回線や端末に問題がある場合もありますが、Wi-Fiの周波数が関係している場合もあるのです。でもWi-Fiの周波数って?と言う方も多いでしょう。

Wi-Fiの通信規格には2.4GHzと5GHzの2種類の周波数があります。この2つの周波数の特徴を理解することで通信の速度や状況が改善することがあります。少しややこしい名前などが登場しますが、分かりやすく解説していきますので、ぜひ読み進めてください!

 

Wi-Fiの2.4GHzと5GHzって何?

 

Wi-Fiの接続先を選ぶときなどに、ネットワーク名の中に、末尾が「2G」や「5G」だったり、「A」「G」というアルファベットが含まれているのを見たことはありませんか?これらはそれぞれの周波数を表しているのです。「2G」「G」は2.4GHz、「5G」「A」は5GHzの事です。

Wi-Fi(無線LAN)の通信規格はIEEE 802.11と決まっていて、さらにa、b、g、n、anと別れています。そしてそれぞれに対応する2.4GHzと5GHzの2種類の周波数帯があるのです。

周波数帯と対応について表にしてみました。

周波数帯

Wi-Fi(無線LAN)規格

最大通信速度

2.4GHz

IEEE 802.11b

11Mbps

IEEE 802.11g

54Mbps

2.4GHz/5GHz

IEEE 802.11n

300Mbps

5GHz

IEEE 802.11a

54Mbps

IEEE 802.11an

6.9Gbps

 

周波数帯とは電波の通り道のことです。そして最大通信速度は大きい数字の方がより高速ということです。

 

Wi-Fiの2.4GHzと5GHzの特徴とメリット・デメリットは?

 

Wi-Fiの2.4GHzと5GHzについて大まかに説明したところで、それではここから実際に利用する目線で2つの周波数のメリットとデメリットを説明していきます。

■2.4GHzの特徴とメリット・デメリット

2.4GHz周波数帯はスマートフォンやパソコンなどの無線LANだけではなく、電子レンジやコードレス電話などの家電製品やパソコンの無線マウスやキーボード、Bluetoothなど、幅広く使用されています。通り道(チャネル数)が少ないので、それぞれの電波が通り道を奪うようにして使うイメージです。そのため電波が混雑してお互いの電波がぶつかりやすいという特徴があります。

そしてもう一つの特徴は電磁波の波長が長く、障害物があっても回り込み遠くまで進む性質があります。電波の通り道は幅が狭く、一度に少しずつデータを運びます。

[メリット]

  • 壁や床などの障害物に強く遠くまで届く
  • 対応する機種が多い

[デメリット]

  • 電波がぶつかりやすく、通信が不安定になりやすい
  • 通信速度が遅い

■5GHzの特徴とメリット・デメリット

5GHzの周波数帯は通り道が広くゆとりがあり、一度にたくさんのデータをスムーズに運ぶことができます。まだ対応する機種が限られており、そしてたくさんの通り道(チャネル)があるため、電波がぶつかり合わずに進むことができます。

電磁波の波長が短くまっすぐに進むので、壁や床などの障害物に弱いという特徴を持っています。さらにあまり遠くまで届きません。

[メリット]

  • 通信速度が速い
  • 電波干渉が無いので安定している

[デメリット]

  • 障害物に弱く遠くまで届きにくい
  • 対応機種が少ない

 

Wi-Fiの周波数を切り替えて使用できる?

 

2.4GHzと5GHzのそれぞれの特徴やメリット・デメリットについて説明してきました。どちらも善し悪しがありましたね。据え置き型のWi-Fiルーターを使っている場合は環境に応じてどちらかを選ぶ必要があります。

基本的には通信速度が速く他の機器の電波干渉を受けにくい5GHzがおススメです。ただしWi-Fiルーターと使用する端末が別室や階が分かれる場合など障害物が間に入る場合は2.4GHzに設定すると通信が安定することがあります。その場合、Wi-Fiルーターの設置場所はテレビや電子レンジなどの近くは避けましょう。

注意点は、使用するWi-Fiルーターや端末が5GHzに対応しているかどうかです。新たに購入する時はWi-Fi規格を確認してください。最新の通信規格は「IEEE 802.11an」です。できればこの規格に対応した機種を購入することをおすすめします。

モバイルWi-Fiルーターの場合は、使用状況に応じて切り替えながら使うことができます。

周波数を切り替える方法はそれぞれの機種によります。取扱説明書やメーカーのホームページなどで確認してみてください。

 

まとめ

 

Wi-Fiルーターには周波数帯というものがあり、それは例えると電波の通り道だと説明しました。その周波数帯には2種類あり2.4GHzと5GHzです。

2.4GHzの特徴は「多くの電気製品で使用されている」「通り道の数が少なく狭い」「電磁波の波長が長く障害物を回り込みながら遠くまで進む」です。

反対に5GHzの特徴は「対応する家電製品が少ない」「通り道の数が多く広い」「電磁波の波長が短く直線に進むため障害物に弱い」です。

これらの特徴から、Wi-Fiルーターと使用する端末の間に障害物がある場合や階が違うなどの場合は2.4GHzの方が安定して通信できることもありますが、他の家電の電波の影響を受けやすく通信が不安定になることや、動画の視聴やオンラインゲームなど大容量の通信では速度が遅くなることがあります。

このことから5GHzの周波数を使うことをおすすめしました。ただし、Wi-Fiルーターと使用端末の間に障害物がなく比較的近い距離であること、Wi-Fiルーターと使用端末共に5GHzに対応した機種であることが条件です。

今回の記事が読まれた方の快適なインターネットライフに役立つことが出来れば幸いです。