Try WiMAXって何?WiMAXを無料で試す方法

 

今回はWiMAXの契約をしてみたいけれど、いきなり契約するのはちょっとためらっている方にも参考になるように、「Try WiMAXとは何か」そして「Try WiMAXを無料で試す方法」について注意点なども含めてわかりやすくご紹介します。

 

Try WiMAX

 

Try WiMAXはWiMAXが無料で試せるレンタルサービスです。

15日間登録料、通信料、レンタル料で配送費用などの費用が一切かからず無料で試せるのが魅力です。

本契約する前に試せるならぜひ利用したいサービスです。

このサービスを利用するメリットは、

自分の利用したいエリアで実際利用可能かどうか確認できる点や、速度の実測値がわかること、さらに端末機器の具合なども確認できる点です。

実際に無料で15日間のお試しで利用できる便利なサービスですが、当然15日以上借り続けて使用したり、紛失や破損した場合には会社が定める違約金が請求される場合があります。

ちなみにこの違約金の金額は22,000円から22,750円となっています。

 

  • エリア判定について

Try WiMAXのサービスを利用する前に、公式ページのサービスエリアマップで自分が利用したいエリアのサービスが利用可能なエリアないかどうかを判定することが必要です。エリア判定はそれぞれ〇△×と言う3種類がありますのでそれぞれを詳しく解説していきます。

 

エリア判定が〇の場合

エリア判定が〇の場合は問題なく使用できるという意味ですので、WiMAXの契約に関してクーリングオフの対象外となります。エリア判定が〇でその後一度契約をしてしまうと通信環境が悪くて通信ができなかったとの理由で解約する場合でも自己都合扱いとなってしまいます。なお自己都合での解約は解約金が高額に発生します。

公式のサイトで自分の利用したいエリアがエリア判定で〇だったためそのまま契約してしまって解約の場合は違約金を払う必要があるというリスクを回避するためにも、トライWiMAXを申し込んで実際の利用環境で通信状態がどうなのか確認することが大切です。

 

エリア判定が△の場合

判定が△の場合はエリアとして問題なく使えるかどうかが不明確のため、契約する前にTry WiMAXを申し込むことをお勧めします。

 

エリア判定が×の場合

エリア判定が×の場合は指定のエリアでの使用が厳しいと思われますので、一応確認のためau でもエリア判定してみることをおすすめします。au 4G LTEのエリアでは使用できるということであるならば、プランは限られていますが7GBの制限のあるプランで契約して使用することが可能となるからです。

 

Try WiMAXの注意点について

 

貸出期間

Try WiMAXは15日間の無料レンタルサービスです。より詳しくはUQWiMAXから貸し出し機器が発送されてから到着するまでと返却のためにUQWiMAXへ到着するまでの期間が15日間ということです。15日間自宅で利用できるということではありません。

端末の機器が自宅に届いてからレンタル機器の返却をして実際届くまでの期間が15日間という事ですので、実質お試しができる期間は1週間から10日前後となります。もし万が一貸し出し期限を過ぎて返却してしまった場合は違約金がかなり高額です。この場合の違約金は22,000円から22,750円となっています。Try WiMAXを利用する際には、くれぐれも返却期間も考慮した上でゆとり速やかに速やかに返却するようにしましょう。


利用環境の確認

Try WiMAXの機器が届いたら、通信状況の確認をしっかりすることをお勧めします。自分が利用したいエリアがサービスエリア内であっても、地下街や高層ビルや、マンションなどの集合住宅内など電波状況の環境が悪い場合利用できない場合もあるからです。

 

通信速度

利用可能なエリアの確認や電波状況などを確認した後は、通信速度の実測値も確認しましょう。実際利用する場所でどれぐらいの速度が出ているのかは、様々なホームページやサイトなどで確認できる方法があります。自分の利用目的に合った速度が出ているのかどうかの確認はとても大切です。目安となるのは動画の視聴に何も問題のないかどうかという点です。5Mbps~10Mbps出ていれば問題なく動画の視聴ができるといわれていますので、このあたりの数値を目安としてください。

 

貸し出しされる端末機器の選び方

貸し出しされるレンタル機種はいろいろ種類がありますが、今回お勧め品するのはWiMAXのWシリーズです。Wシリーズであれば、WiMAX2+が通信できなくなった場合でも、au 4G LTEに対応しているため利用可能なエリアがかなり広がります。

WシリーズはCA (キャリアアグリゲーション)という2つの電波を束ね、受信最大370Mbpsの高速通信を実現する通信技術に対応している機器でもあるため電波障害なのを受けにくく、高速通信が安定して使える機種でもあります。

ただし4×4MIMOという通信技術に対応している機器と比較すると利用可能なエリアが狭くなります。

さらにau 4G LTEを利用するとハイスピードプラスエリアモード利用扱いとなり別途1005円がかかります。月間7GBまでの利用制限があるためそれ以上利用すると

速度制限が発生します。制限時の速度は128kbpsとなります。