Wi-Fiの2.4GHzと5GHzの違いとは?特徴を分かりやすく比較!

 

スマートフォンやタブレットで高速Wi-Fiを使っているにも関わらず、通信が遅いとか不安定だとか感じることがありませんか?

回線や端末に問題がある場合もありますが、Wi-Fiの周波数が関係している場合もあるのです。でもWi-Fiの周波数って?と言う方も多いでしょう。

Wi-Fiの通信規格には2.4GHzと5GHzの2種類の周波数があります。この2つの周波数の特徴を理解することで通信の速度や状況が改善することがあります。少しややこしい名前などが登場しますが、分かりやすく解説していきますので、ぜひ読み進めてください!

 

Wi-Fiの2.4GHzと5GHzって何?

 

Wi-Fiの接続先を選ぶときなどに、ネットワーク名の中に、末尾が「2G」や「5G」だったり、「A」「G」というアルファベットが含まれているのを見たことはありませんか?これらはそれぞれの周波数を表しているのです。「2G」「G」は2.4GHz、「5G」「A」は5GHzの事です。

Wi-Fi(無線LAN)の通信規格はIEEE 802.11と決まっていて、さらにa、b、g、n、anと別れています。そしてそれぞれに対応する2.4GHzと5GHzの2種類の周波数帯があるのです。

周波数帯と対応について表にしてみました。

周波数帯

Wi-Fi(無線LAN)規格

最大通信速度

2.4GHz

IEEE 802.11b

11Mbps

IEEE 802.11g

54Mbps

2.4GHz/5GHz

IEEE 802.11n

300Mbps

5GHz

IEEE 802.11a

54Mbps

IEEE 802.11an

6.9Gbps

 

周波数帯とは電波の通り道のことです。そして最大通信速度は大きい数字の方がより高速ということです。

 

Wi-Fiの2.4GHzと5GHzの特徴とメリット・デメリットは?

 

Wi-Fiの2.4GHzと5GHzについて大まかに説明したところで、それではここから実際に利用する目線で2つの周波数のメリットとデメリットを説明していきます。

■2.4GHzの特徴とメリット・デメリット

2.4GHz周波数帯はスマートフォンやパソコンなどの無線LANだけではなく、電子レンジやコードレス電話などの家電製品やパソコンの無線マウスやキーボード、Bluetoothなど、幅広く使用されています。通り道(チャネル数)が少ないので、それぞれの電波が通り道を奪うようにして使うイメージです。そのため電波が混雑してお互いの電波がぶつかりやすいという特徴があります。

そしてもう一つの特徴は電磁波の波長が長く、障害物があっても回り込み遠くまで進む性質があります。電波の通り道は幅が狭く、一度に少しずつデータを運びます。

[メリット]

  • 壁や床などの障害物に強く遠くまで届く
  • 対応する機種が多い

[デメリット]

  • 電波がぶつかりやすく、通信が不安定になりやすい
  • 通信速度が遅い

■5GHzの特徴とメリット・デメリット

5GHzの周波数帯は通り道が広くゆとりがあり、一度にたくさんのデータをスムーズに運ぶことができます。まだ対応する機種が限られており、そしてたくさんの通り道(チャネル)があるため、電波がぶつかり合わずに進むことができます。

電磁波の波長が短くまっすぐに進むので、壁や床などの障害物に弱いという特徴を持っています。さらにあまり遠くまで届きません。

[メリット]

  • 通信速度が速い
  • 電波干渉が無いので安定している

[デメリット]

  • 障害物に弱く遠くまで届きにくい
  • 対応機種が少ない

 

Wi-Fiの周波数を切り替えて使用できる?

 

2.4GHzと5GHzのそれぞれの特徴やメリット・デメリットについて説明してきました。どちらも善し悪しがありましたね。据え置き型のWi-Fiルーターを使っている場合は環境に応じてどちらかを選ぶ必要があります。

基本的には通信速度が速く他の機器の電波干渉を受けにくい5GHzがおススメです。ただしWi-Fiルーターと使用する端末が別室や階が分かれる場合など障害物が間に入る場合は2.4GHzに設定すると通信が安定することがあります。その場合、Wi-Fiルーターの設置場所はテレビや電子レンジなどの近くは避けましょう。

注意点は、使用するWi-Fiルーターや端末が5GHzに対応しているかどうかです。新たに購入する時はWi-Fi規格を確認してください。最新の通信規格は「IEEE 802.11an」です。できればこの規格に対応した機種を購入することをおすすめします。

モバイルWi-Fiルーターの場合は、使用状況に応じて切り替えながら使うことができます。

周波数を切り替える方法はそれぞれの機種によります。取扱説明書やメーカーのホームページなどで確認してみてください。

 

まとめ

 

Wi-Fiルーターには周波数帯というものがあり、それは例えると電波の通り道だと説明しました。その周波数帯には2種類あり2.4GHzと5GHzです。

2.4GHzの特徴は「多くの電気製品で使用されている」「通り道の数が少なく狭い」「電磁波の波長が長く障害物を回り込みながら遠くまで進む」です。

反対に5GHzの特徴は「対応する家電製品が少ない」「通り道の数が多く広い」「電磁波の波長が短く直線に進むため障害物に弱い」です。

これらの特徴から、Wi-Fiルーターと使用する端末の間に障害物がある場合や階が違うなどの場合は2.4GHzの方が安定して通信できることもありますが、他の家電の電波の影響を受けやすく通信が不安定になることや、動画の視聴やオンラインゲームなど大容量の通信では速度が遅くなることがあります。

このことから5GHzの周波数を使うことをおすすめしました。ただし、Wi-Fiルーターと使用端末の間に障害物がなく比較的近い距離であること、Wi-Fiルーターと使用端末共に5GHzに対応した機種であることが条件です。

今回の記事が読まれた方の快適なインターネットライフに役立つことが出来れば幸いです。