WiMAXとポケットWiFiの違いは?特徴を分かりやすく解説!

 

WiMAXとポケットWiFiって何?どちらもインターネットがらみのことだとは思うけど、いまひとつ分からない…。でも今さら人に聞くのも恥ずかしくない…?と思っている人!そんな人向けにそれぞれの特徴とメリット・デメリットを比較しながらやさしく解説します。

 

WiMAXの基本的な知識

 

WiMAXとはインターネットの通信サービスの事です。auのグループ会社のUQコミュニケーションズという会社が保有する基地局を経由して電波が送受信されます。基地局を通じで電波を送受信する仕組みはスマートフォンや携帯電話と似ていますね。

本来はこういった無線通信の規格のことを指すのですが、モバイルWiFiルーターそのもののことをWiMAXと呼ぶこともあります。むしろその解釈の方が多いかもしれませんね。

モバイルWiFiルーターとは?

WiFiルーターって…?と疑問をお持ちの方に、ひとまずその説明をしていきますね。

インターネット回線には有線のもの(光回線とかADSLなど)と無線のものがあります。有線のものは、契約をした建物内までケーブルを引く工事をし、さらにモデムとパソコンなどの端末をLANケーブルで接続してインターネットを使うことができます。

しかしこれでは1台しかインターネット接続できません。そういった場合にモデムとWiFiルーターを有線接続させることで数メートル程度の範囲内に無線複数の端末同時につながることができるネットワークを作ることができるのです。(モデムとルーターの一体型もあります。)これは有線のインターネット回線を宅内で無線にする方法です。

比べてモバイルWiFiルーター無線インターネット回線につながることができ、さらにWiFiルーターとしての機能を果たします。

基本的には携帯するルーターなので、充電式コードレス、軽量コンパクトな仕様になっています。もちろん工事も必要なしです。モバイルWiFiルーターを利用するにはプロバイダーとの契約が必要です。月額料金がかかりますが、有線のインターネットサービスに比べて安いことが多いでしょう。

 

ポケットWiFiとは?

 

次にポケットWiFiについての説明をします。

「ポケット」+「WiFi」のネーミングから、これまたWiMAX同様、モバイルWiFiルーターでは?と思った方。ある意味正解です!分かりやすく言いやすいので、長い名前の「モバイルWiFiルーター」よりも一般的には「ポケットWiFi」と呼ばれています。

ちなみにソフトバンク系のショップで取り扱われているモバイルWiFiルーターの中に「Pocket WiFi」という製品があります。ややこしい…。

 

ポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)の種類と特徴

 

ポケットWiFiにはインターネット専用のWiMAX回線を使用するものと、携帯電話やスマートフォンと同じ4G/LTE回線を使うもの、その両方の回線を状況に応じて使うものがあります。

それぞれ特徴があるので、比較してみました。

WiMAXと4G/LTE

WiMAX回線はもともと光やADSLなどの有線のインターネットサービスが普及していないエリア向けに開発された無線のインターネットサービスです。以前はそれほど高速ではなかったのですが、現在主流のWiMAX2+(ワイマックスツープラス)回線は光回線に負けないほどの速度を出しています。そして最大の特徴はインターネットに限定した新しい回線なのでゆとりがあるため、通信制限が速度・期間共に大変緩いことです。デメリットはWiMAXの電波は障害物に弱いこと。建物の中や地下、山のかげなどは通信状況が不安定になります。

4G/LTE回線とはスマートフォンやタブレットなどの通信に使う電話回線のことです。利用できるエリアが広く、速度も通信状況も安定していることが特徴です。問題は大容量の通信をすることで契約容量を超過してしまうと、速度・期間共に厳しい速度制限があることです。長時間の動画の視聴や重いデータの送受信には要注意です。

WiMAX回線は速度、通信制限の面でとても好スコア。その反面、障害物に弱く通信の安定性がいまひとつ…。4G/LTEは通信の安定性については抜群ですが、通信制限面でストレスがあるかも、という結果になりました。

 

結局どのポケットWiFiがお得?

 

前述したとおり、ポケットWiFiには3タイプあるのですが、どれが一番得なのか?気になりますよね。

ポケットWiFiのサービス提供会社は大きく分けて3社です。括弧内はインターネットにつながるための回線です。

■UQコミュニケーションズ(WiMAX・4G/LTE)

■ドコモ(4G/LTE)

■ソフトバンク(4G/LTE)

4G/LTEの安定性は捨てがたいのですが、インターネットを利用する上で通信制限は天敵とも言えます。そして月額料金も比較的高めです。

比べて新しい回線による速度の改善と通信制限の穏やかさ、コスパ的にもWiMAX・4G/LTEの両回線が利用できるUQコミュニケーションズのポケットWiFiに軍配が上がると言えるでしょう。

さてUQコミュニケーションズは唯一WiMAX回線のサービスを提供していますが、代理店ともいえるプロバイダーが20社以上あります。販売会社は違っても基本的な「通信速度」「対応エリア」「機種」などのサービスは同じです。7GBまでのライトプランと使い放題のプランの2タイプがあります。差があるとすれば、新規契約時のサービス(割引やキャッシュバックなど)や契約期間、料金プランです。

そんな数ある中で特徴あるサービスを提供するプロバイダーが「カシモWiMAX」。

どのプロバイダーも軒並み3年縛りなのですが、カシモWiMAXは3年契約と2年契約のプランが選べます。料金も初月は無料、2か月目は7GBライトプラン・使い放題プランどちらも驚きの1,380円(条件あり)。初期費用を抑えたい方におススメです!

 

まとめ

 

なんとなく似たような名前で混同しがちなWiMAXとポケットWiFiですが、本来の意味はともかく、無線でインターネットができる通信サービスや機器のことでした。

手軽にいつでもどこでもインターネットが使えてとても便利です。ただし4G/LTE回線は使い過ぎに注意が必要で、WiMAXは無制限でも通信が不安定。それぞれ単一の回線のみのルーターもあればWiMAX・4G/LTEの両方が使えるルーターもあります。UQコミュニケーションズ系のプロバイダーならそんな両回線が使えるルーターを販売しています。

通信技術の進歩はとても早く、どんどん新しいサービスや機種が世に出てきます。3年契約が主流の中で2年契約も選べるプロバイダー「カシモWiMAX」は進歩のスピードに乗り遅れないためにも嬉しいサービスを提供してくれるかもしれませんね。