Try WiMAXって何?WiMAXを無料で試す方法

 

今回はWiMAXの契約をしてみたいけれど、いきなり契約するのはちょっとためらっている方にも参考になるように、「Try WiMAXとは何か」そして「Try WiMAXを無料で試す方法」について注意点なども含めてわかりやすくご紹介します。

 

Try WiMAX

 

Try WiMAXはWiMAXが無料で試せるレンタルサービスです。

15日間登録料、通信料、レンタル料で配送費用などの費用が一切かからず無料で試せるのが魅力です。

本契約する前に試せるならぜひ利用したいサービスです。

このサービスを利用するメリットは、

自分の利用したいエリアで実際利用可能かどうか確認できる点や、速度の実測値がわかること、さらに端末機器の具合なども確認できる点です。

実際に無料で15日間のお試しで利用できる便利なサービスですが、当然15日以上借り続けて使用したり、紛失や破損した場合には会社が定める違約金が請求される場合があります。

ちなみにこの違約金の金額は22,000円から22,750円となっています。

 

  • エリア判定について

Try WiMAXのサービスを利用する前に、公式ページのサービスエリアマップで自分が利用したいエリアのサービスが利用可能なエリアないかどうかを判定することが必要です。エリア判定はそれぞれ〇△×と言う3種類がありますのでそれぞれを詳しく解説していきます。

 

エリア判定が〇の場合

エリア判定が〇の場合は問題なく使用できるという意味ですので、WiMAXの契約に関してクーリングオフの対象外となります。エリア判定が〇でその後一度契約をしてしまうと通信環境が悪くて通信ができなかったとの理由で解約する場合でも自己都合扱いとなってしまいます。なお自己都合での解約は解約金が高額に発生します。

公式のサイトで自分の利用したいエリアがエリア判定で〇だったためそのまま契約してしまって解約の場合は違約金を払う必要があるというリスクを回避するためにも、トライWiMAXを申し込んで実際の利用環境で通信状態がどうなのか確認することが大切です。

 

エリア判定が△の場合

判定が△の場合はエリアとして問題なく使えるかどうかが不明確のため、契約する前にTry WiMAXを申し込むことをお勧めします。

 

エリア判定が×の場合

エリア判定が×の場合は指定のエリアでの使用が厳しいと思われますので、一応確認のためau でもエリア判定してみることをおすすめします。au 4G LTEのエリアでは使用できるということであるならば、プランは限られていますが7GBの制限のあるプランで契約して使用することが可能となるからです。

 

Try WiMAXの注意点について

 

貸出期間

Try WiMAXは15日間の無料レンタルサービスです。より詳しくはUQWiMAXから貸し出し機器が発送されてから到着するまでと返却のためにUQWiMAXへ到着するまでの期間が15日間ということです。15日間自宅で利用できるということではありません。

端末の機器が自宅に届いてからレンタル機器の返却をして実際届くまでの期間が15日間という事ですので、実質お試しができる期間は1週間から10日前後となります。もし万が一貸し出し期限を過ぎて返却してしまった場合は違約金がかなり高額です。この場合の違約金は22,000円から22,750円となっています。Try WiMAXを利用する際には、くれぐれも返却期間も考慮した上でゆとり速やかに速やかに返却するようにしましょう。


利用環境の確認

Try WiMAXの機器が届いたら、通信状況の確認をしっかりすることをお勧めします。自分が利用したいエリアがサービスエリア内であっても、地下街や高層ビルや、マンションなどの集合住宅内など電波状況の環境が悪い場合利用できない場合もあるからです。

 

通信速度

利用可能なエリアの確認や電波状況などを確認した後は、通信速度の実測値も確認しましょう。実際利用する場所でどれぐらいの速度が出ているのかは、様々なホームページやサイトなどで確認できる方法があります。自分の利用目的に合った速度が出ているのかどうかの確認はとても大切です。目安となるのは動画の視聴に何も問題のないかどうかという点です。5Mbps~10Mbps出ていれば問題なく動画の視聴ができるといわれていますので、このあたりの数値を目安としてください。

 

貸し出しされる端末機器の選び方

貸し出しされるレンタル機種はいろいろ種類がありますが、今回お勧め品するのはWiMAXのWシリーズです。Wシリーズであれば、WiMAX2+が通信できなくなった場合でも、au 4G LTEに対応しているため利用可能なエリアがかなり広がります。

WシリーズはCA (キャリアアグリゲーション)という2つの電波を束ね、受信最大370Mbpsの高速通信を実現する通信技術に対応している機器でもあるため電波障害なのを受けにくく、高速通信が安定して使える機種でもあります。

ただし4×4MIMOという通信技術に対応している機器と比較すると利用可能なエリアが狭くなります。

さらにau 4G LTEを利用するとハイスピードプラスエリアモード利用扱いとなり別途1005円がかかります。月間7GBまでの利用制限があるためそれ以上利用すると

速度制限が発生します。制限時の速度は128kbpsとなります。

 

光回線とモバイル回線、どちらを選ぶべきかについて

 

今回はカシモWiMAXと光回線を徹底的に比較して、どちらがお得なのか簡単にご紹介していきます。

いろいろなWiMAXなどに代表されるもモバイルWi-Fiルーターを調べていくと最近のモバイルWi-Fiルータはサービスが充実しているため「固定回線がわりに使えるんじゃないか」とか「光回線がなくてもWiMAXで自宅でも十分にインターネット環境が整うじゃないか」といった疑問を持ちの方も多くなっています。結論から言えば、光回線でなくてもモバイルWi-FiのWiMAXので十分にインターネットの環境整えることができます。

今回特にオススメするのは数あるWiMAXのプロバイダの中でもカシモWiMAXです。

歌詞もWiMAXは業界最安値クラスの月額1380円からインターネット利用できるプランを提供しています。WiMAXなら光回線よりも月額の料金が安く、回線工事がいらずに済むうえ、さらに外出先でもインターネットが使えればかなりメリットがあります。

実際に詳しく見ていきましょう。

 

光回線とWiMAX

 

屋内から屋外

光回線とWiMAXの最大の違いがインターネットの利用できる場所です。

光回線は固定回線ですので自宅内のみのインターネットの利用に限られます。ただしWiMAXはモバイルWi-Fiですので移動先でも旅行先でも引っ越し先でも、電波が届く限り利用可能なエリア内であればどこでも利用することができます。持ち運びができるインターネットと言う意味ではモバイルWi-Fiは大きなメリットがあります。

回線工事

光回線は自宅にインターネットを引く必要があるため回線の工事が必要となりますがWiMAXが工事が入りません。回線工事が必要な光回線の場合は申し込みから工事の日程の調整をして実際の工事が完了するまで平均的に1か月前後かかると言われています。この点でもモバイルWi-Fiは手軽に持ち運びができて工事が必要ないといった点が大きなメリットです。

 

通信制限

 

光回線はデータをいくら使っても月間の上限といった通信制限はありません。この点WiMAXはプランによって結果のデータ量に上限が設けてあります。

WiMAXには料金プランが2種類あります。

月間のデータ利用料に制限のないギガ放題プランと通常のプランです。

通常のプランの場合は月間7 GBまでという利用制限があります。ちなみにギガ放題のプランは月間の利用条件はありませんが、3日間で10 GB以上のデータ通信を利用した場合は速度制限が適用されます。ただしWiMAXの速度制限は翌日の18時から深夜の2時という時間の間だけのかなり緩めの速度制限となっています。

 

料金

 

やはり料金が1番気になる点ではないでしょうか?今回はフレッツ光と歌詞もWiMAXを比較してみます。

光回線の場合はアパートやマンションと一戸建てでは月額預金が変わります。さらにフレッツ光には基本料金のほかにプロバイダーの料金が必要になるのため、仮に1番安いプロバイダーを選んだと想定して料金を比較してみます。

光回線の場合は、集合住宅ですと月々3450円から4450円です。

一戸建ての場合はプロバイダ料金は含めて5100円です。

WiMAXの場合ですとカシモの場合は集合住宅でも一戸建てでも関係なく1380円から4079円となっています。

さらに料金的な話をすると、光回線の場合は別途負担しなければならない料金があります。

プロバイダの契約料ですが、フレッツ光は800円の契約料が必要です。

ちなみにWiMAXは契約事務手数料という名目で3000円の負担の必要があります。さらに工事費に関しては、フレッツ光は一戸建ての場合で18,000円となり、集合住宅の場合は15,000円の回線工事費用が必要となります。ただしキャンペーンの内容等によっては工事代金が割引されるケースもあります。

 

解約金

 

光回線の場合でもWiMAXの場合でも解約をすると契約期間途中の場合に解約金は発生します。

フレッツ光の場合は25ヶ月以外で解約すると戸建ての場合が9500円から25か月以降の場合は1500円の解約金が必要です。さらに光回線の場合はこれだけではなく、回線工事がキャンペーンで割引になった場合でも、契約を解約した場合には工事代の残金を支払う必要があります。

一方のWiMAXは、契約の解約の場合12ヶ月目までは19,000円ですが13ヶ月目以降から24日月4ヶ月目までは14,000円となり25ヶ月目は契約更新月のため0円で解約ができます。

 

まとめ

 

料金面や通信速度さらに通信制限などいろいろな側面から光回線とWiMAXを比較してみましたが、例えば家族全員でインターネットをシェアして利用したい方は光回線がお勧めです。モバイルWi-FiのWiMAXの場合は、家族の誰かが外出先に持ち出してしまうと自宅内でインターネットを利用できなくなるからです。逆に一人暮らしをしていたり、家族とインターネットの回線をシェアする必要のない方はモバイルWi-FiのWiMAXがお勧めです。

またインターネットの利用目的によっても、それぞれメリットデメリットがあるため、例えばオンラインゲームを頻繁にする方や動画を際限なく楽しみたいといった方にはやはり通信が高速でさらに安定している光回線がお勧めです。光回線ならば、月額のデータの利用料を気にする必要がなくインターネット利用し放題となるからです。

その一方でインターネットの利用量がそれほど大容量でなくても構わない方には、WiMAXがオススメとなります。

 

WiMAX2+ ハイスピードプラスエリアモードについて

 

今回は、「WiMAX2+のハイスピードプラスエリアモードって何?」とか「利用するには何か特別なことが必要なの?」といった、わかりにくさで困っている方にも、初心者でもわかるハイスピードプラスエリアモードについての注意点と、制限などの仕組みについてもご紹介していきます。

ハイスピードプラスエリアモードはとても便利な仕組みなので、便利さがわかれば利用しない手はないかと思います。

 

ハイスピードプラスエリアモードについて

 

ハイスピードプラスエリアモードは、auのLTE通信である「au 4G LTE」を利用するモードです。

WiMAXには使えるモードが2種類あります。

1つはハイスピードモードと呼ばれるWiMAX2+の電波を使用するモードであり、今回ご紹介しているハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX2+とauのLTEの両方を利用できるモードとなっています。

どうしてこのような2種類のモードが必要なのかというと、WiMAX2+の電波を利用するハイスピードモードではカバーできないエリアで利用を可能にするためです。WiMAX2+の電波が届かないエリアは、地下や山間部等のエリアが多いのですが、ハイスピードプラスエリアモードを利用することで、auのスマートフォンと同じような広い範囲での利用が可能となります。

auの4G LTEを利用する回線ですので、auが誇る800MHzのプラチナバンドを利用していますので、エリアの人工カバー率が99%を超えるわけです。

このためWiMAX2+の電波が使える場所で併用することで、WiMAX2+とauのLTEの超高速通信が可能となる点がメリットです。

通常の下り最高速度558Mbpsnにauの回線の4G LTEを利用することで、理想値ですが758Mbpsの速度で利用できることになります。

ここまでを見ると、広範囲で使えるかなり便利なモードであり、かつ通信速度も場所によっては高速になるということでメリットだらけなのですが、実際にはデータ量の上限のデメリットや、データ量無制限のギガ放題のプランでの加入者でも、制限がかかる仕組みなどが分かりにくく、ハイスピードプラスエリアは初心者の方にはかなりアプローチが難しいものとなっています。

たしかに通信モードが2種類ある上に、ギガ放題のプランで加入していても、速度制限が発生するとなると、かなり理解しづらいですね。

便利なように見えるこのハイスピードプラスエリアも、上手に利用すればメリットが享受できますが、デメリットもあるためこの点を詳しくご紹介していきます。

 

ハイスピードプラスエリアモードにおけるデメリットについて

 

  • 3年契約をしている場合以外は別料金で月額1005円がかかる

もしWiMAXの契約プランが1年契約や2年契約である方は特に注意が必要です。

ハイスピードプラスエリアモードを使うと、その月には月額料金とは別に1005円の使用料が請求されます。

逆に言えば3年契約をしている方はこのハイスピードプラスエリアモードを無料で利用することができます。

ほとんどのプロバイダーを経由しての契約では3年契約が主流ですので、この場合はWiMAX2+を契約する際に、ハイスピードプラスエリアモードを無料で利用できるLTEオプションというのがつきます。ただし3年契約以下の契約の場合にこのオプションはありません。

1度でもハイスピードプラスエリアモードを利用すると月額の料金がかかってしまうので、もしハイスピードプラスエリアモードを利用したい場合は、3年プランで契約することをお勧めします。

  • 月7 GBの速度制限について

ハイスピードプラスエリアモードは、月間のLTE使用量が7GBを超えると月末まで128kbpsの速度制限が発生します。

ギガ放題で月間のデータ使用量が無制限のプランで契約しているのに、7 GBの制限ということで初心者にはかなり難しい内容となっています。

例えば1度でもハイスピードプラスエリアモードを使うと、ギガ放題でも月に7 GBまでしか使えないと勘違いしてる方もいますが、実際はLTEの使用量が7 GBを超える前であれば、通常のハイスピードモードに戻せば、普通に上限なしで使えます。わかりやすくまとめれば、ハイスピードプラスエリアモードで月間の使用量が7 GBを超えない限りは、何も心配する必要はないということです。

ただし1度ハイスピードエリアモードを利用したにもかかわらず、通常のハイスピードモードに戻すことを忘れて、そのまま使用してしまい月に7 GBを超えてしまうと、無制限のプランであってもスマホの速度制限と同じ128kbpsまで制限されてしまうため、インターネットの通常使用がかなり制限されます。

ちなみにこのハイスピードプラスエリアモードのLTEの使用量は確認することができますので、どうしても不安な方は参考にしてください。

  • 通信料カウンターで使用量を知る

ルーターに通信料カウンターが搭載されているので、そちらでおおまかな使用量を知ることができます。

  • プロバイダーにログインして詳細の使用量を知る

おおまかな数字ではなく詳細な数字の確認がしたい場合は、マイページからログインして通信料確認や、通信料照会といったメニューをクリックすることで、詳細な使用量を知ることができます。

 

まとめ

 

このハイスピードプラスエリアモードを使用した場合は、こまめにLTEの通信料をチェックしながら、通常のハイスピードモードに戻すように注意をすれば上手に利用することができます。

 

カシモWiMAXの解約方法と注意点について分かりやすく解説!

 

初期費用や月額料金などお得なイメージのカシモWiMAX。すでに加入している方、またこれから加入しようとしている方にカシモWiMAXの解約方法をやさしく解説します!解約方法をあらかじめ知っておくと安心して契約でき、また加入中の方も余裕を持って解約を検討することができますよね。

「解約の連絡方法は?」

「解約のタイミングはいつがベスト?」

「解約時にペナルティは?」

「解約時の注意点は?」

などなど、皆さんが知りたい内容を分かりやすくまとめてお伝えしたいと思います。

 

契約したけどキャンセルできる?

 

解約方法をお伝えする前に、契約キャンセルの方法をお伝えします。クーリングオフではありませんが、初期契約解除を行うことができます。初期契約解除の対象になれば月額利用料や違約金を支払わなくても大丈夫です。

ところでこの初期契約解除には下記の条件をクリアする必要があります。

  • 端末到着日を1日目とし、8日以内に契約解除申請書と端末が返送窓口に着荷すること
  • 端末本体及び付属するパーツやコード、梱包材を含めて到着した時の状態にして返送すること
  • 送料を負担すること

【返送窓口】〒130-0014 東京都墨田区亀沢3-3-14-1F

株式会社MEモバイル カシモWiMAX初期契約解除 返送窓口宛

TEL:03-6693-0480

気をつけなければいけないのは端末到着日です。残念ながら契約申込時に端末配達日の指定はできません。もし不在のため受け取れなかったとしても、初回の配達日を1日目とカウントします。そこから数えて8日以内に返品物が窓口に到着していないと初期契約解除が認められませんので、ここは気を抜かずにしっかり対応しましょう。

もうひとつ気をつけることは返送の状態です。本体以外にもSIMカード、USBケーブル、保証書、包装資材など、到着したものを全て送り返す必要があります。この中のいずれかを入れ忘れていたり破損していたりする場合は機器損害金が発生します(20,000~30,000円)。

あらかじめ開封時に入っているものや状態を撮影しておくと安心ですね。

ちなみに初期事務手数料の3,000円は支払わなければいけません。オプションで購入したクレードルは返品の対象になりませんので、支払い義務は残ります。

最後に、初期契約解除の対象は個人のみです。法人契約は対象外となりますので、ご注意ください。

 

契約中だけど解約したい場合 連絡方法はどうすればいい?

 

ネットやメールではなく、直接カスタマーサポートへ電話で連絡します。特にWebやメールで解約の申し込みはできません。

連絡の際に気をつけなければいけないのは、解約したい月の20日19:00までに連絡することです。20日を過ぎると解約月は翌月となります。

【カスタマーサポート】03-6693-0480(受付時間 10:00~19:00)

 

解約のタイミングはいつが最適?

 

契約更新月に解約すると解約違約金が発生しません。もし解約を考えるのであれば、更新月を逃さないようにしましょう。更新月のカウントですが、3年契約の場合、契約した月の翌月を1か月目とします。そこから37か月目が更新月になります。

【例:2019年1月契約の場合】

契約種類

端末受取月

1か月目

25か月目

37か月目

(更新月)

3年契約

2019年1月

2019年2月

2021年2月

2022年2月

もし更新月20日の19:00までに連絡が出来なかった場合は翌月の解約となり、解約違約金が発生します。

 

解約違約金はいくら?

 

端末の発送月翌月を1ヶ月目とし、3年間(36ヶ月)が契約期間となります。

1年目(~12か月)は19,000円、2年目(13~24か月)14,000円、3年目(25~36か月)9,500円 です。37か月目は更新月となるので解約違約金は発生しません。

ただし、解約の連絡をしなければそのまま自動更新となり、その翌月から3年間の新たな契約がスタートします。

 

解約時の注意点は?

 

■利用料金の日割り計算はナシ!

解約の連絡を月の早めに行ったとしても、日割り計算はしてもらえません。月単位の解約となります。20日までに解約の連絡をするのはマストですが、もし当月1日に連絡したとしてもその月の利用料金は丸ごとかかる仕組みです。

■端末の返却は不要!

契約期間中の解約の場合、端末については返却しなくても大丈夫です。契約時に端末無料と謳っていますので、初期契約解除以外の解約は返却しなくても良いのです。

■電話連絡はなるべく平日の午前中に

ご経験済みの方も多いと思いますが、電話での連絡は土日や12:00~13:00、17:00以降は大変混雑し、つながりにくくなります。お仕事中の方は厳しいかもしれませんが、電話連絡はできるだけ平日でなお且つ午前中がおすすめです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?契約を検討中の方も既に契約している方も、あらかじめクーリングオフに似た救済措置や解約違約金についての情報を知っておくと安心できたのではないでしょうか?

WiMAXの解約はどのプロバイダーも違約金が高額です。月額の利用料金や初期費用の安さに惹かれて契約したものの、違約金が高額でビックリする方もいるはずです。

そこで解約を考えた時に気をつけることを再度以下のようにまとめました。

【初期契約解除の場合】

  • 初回到着日から数えて8日目までに端末を返却する
  • 送られてきた全てのもの(パーツ、梱包材、説明書など全てを含む)を無傷で返却する
  • 事務手数料(3,000円)と送料は自己負担
  • 法人は対象外

【契約中の解約の場合】

  • 更新月の20日19:00までに電話で申し込むと違約金が無料
  • 月額利用料の日割り計算無し
  • 端末の返却は不要

初期契約解除も通常の解約も日にちの管理を徹底することが大切ですね。

契約更新月などはうっかりすると忘れてしまいがちです。契約時の確認メールなどは保存しておくと便利です。

契約キャンセルの方法や違約金支払いの回避情報をしっかり確認してWiMAXの契約に臨みましょう!