『モバイルWi-Fi』と『テザリング』の違いとは?

 

皆さんは外出先でインターネットを使う必要がある時、どのような方法でつなぎますか?『モバイルW-Fi』や『テザリング』を使うことができればインターネットにつなぐことができますね。

便利な『モバイルWi-Fi』と『テザリング』ですが、使い方によっては損することも…。

どちらも同じように外出先でインターネットが使えるという利用目的は同じですが、どこが違うのでしょう?そのしくみと特徴を分かりやすく紹介します。

 

『モバイルWi-Fi』のしくみと特徴

 

ポケットWi-FiやUQWiMAXなど、最近メジャーなモバイルWi-Fiの一つです。それでは基本的なしくみと特徴をご紹介します。

■『モバイルWi-Fi』のしくみ

スマートフォンやタブレット、パソコン、ゲームなどのWi-Fiに対応した通信端末とインターネットをつなぐために基地局との中継をするのがモバイルWi-Fiルーターです。利用するにはプロバイダーとの契約が必要です。

ルーターには自宅で使う据え置きタイプもあるのですが、モバイルWi-Fiルーターは充電式でコンパクト。持ち歩きを前提としたルーターとして開発されました。外出の際に情報端末と共に携帯し、自由にインターネットを利用することができます。

利用する回線は3Gや4G(LTE)といった携帯電話用の回線を使うものや、WiMAXといったインターネット専用の回線を使うもの、また状況に応じて両方を使い分けるものなどがあります。

『モバイルWi-Fi』の特徴

まず一番に、外出先でいつでもインターネットに接続してサービスを利用することができます。スマートフォンやパソコンだけではなく、ゲーム機もインターネットに接続して楽しむ時代ですよね。

スマートフォンをわざわざモバイルWi-Fiルーター経由でインターネットにつなぐ必要があるのか?と思われる方もいると思います。さらに、その他の情報端末もスマートフォンのテザリングでもいいのでは?と思うかもしれません。

テザリングのしくみや特徴についてはのちほどご紹介しますが、モバイルWi-Fiを利用するのには以下のようなメリットがあるのです。

  1. いつでもどこでもインターネットが使える
  2. 通信速度が速い
  3. スマートフォンのパケット使用量を抑えられる
  4. 通信制限がない(あっても緩やか)
  5. 通信料が抑えられる

前述のとおり、インターネットの環境がない場所でもパソコンやゲームを外出先で使う場合はモバイルWi-Fiルーターがあれば便利で安全です。

そして新しい機種のルーターであれば、光回線を上回る通信速度のタイプもあるのです。

モバイルWi-Fiはプロバイダーの提供するプランによって契約期間や月額料金が違うのですが、もし動画の視聴や大きいデータファイルを日常的に送受信するのであればスマートフォンの3Gや4G(LTE)よりモバイルWi-Fiを使う方が一般的にはお得です。

スマートフォンで動画を視聴したり音楽をダウンロードしたりするとデータ使用量が気になりますよね。料金もさることながら、通信制限にひっかかると急激に速度が遅くなってしまいます。モバイルWi-Fiではプランによっては1か月の通信量の制限が無く、もしあってもとても緩やかなものです。

そんな使いやすいモバイルWi-Fiにもデメリットがあります。

  1. 使用環境により通信が不安定になる
  2. ルーターの充電と持ち運びが面倒
  3. 契約期間の長さと解除料が高額

使用する電波によっては建物などの構造物や山などの障害物に弱いので、使う場所が建物内や地下、山間部であれば通信状況が不安定になります。使用場所が適しているかどうか、プロバイダーのホームページで調べておくことが大切です。

充電式なので、ルーターのスイッチのオンオフや電池残量を常に気遣う必要があります。そして、スマートフォンやタブレット、パソコンなどの端末+ルーターを持ち運ぶというのは、意外と面倒かもしれません。場合によってはバッテリーを持ち運ぶ必要も。

モバイルWi-Fiを使うためにはプロバイダーとの契約が必要ですが、気をつけなければいけないのは、契約期間である2年または3年間後の更新月以外に解約する場合は解除料が思いのほか高額なことです。月額料金は低めなので見逃しがちですが、要注意ポイントです。

 

『テザリング』のしくみと特徴

 

テザリングとはスマートフォンやタブレットの機能の一つで、そのスマートフォンやタブレットを経由して他の情報端末をインターネットに接続させる方法です。もし5GBのプランでスマートフォンを契約している場合、接続した端末とその5GBをシェアしてインターネットを使うイメージです。

■『テザリング』のしくみ

中継となるスマートフォンやタブレットを親機、使用するパソコンやゲーム機などの端末が子機となります。

テザリングを使うにはスマートフォンやタブレットのキャリアでオプション契約が必要な場合があります。

■『テザリング』の特徴

テザリングの方法は3種類あります。それぞれの特徴を分かりやすく一覧にしました。

接続方法

通信

速度

バッテリー

消費

通信範囲

子機の数

有線/無線

Wi-Fi

多い

広い

複数

無線

Bluetooth

少ない

狭い

1台

無線

USB

最速

少ない(※1)

ケーブルの長さ

1台(※2)

有線

※1 パソコンとテザリングする場合、親機が充電できる

※2 USBハブを使えば2台可能

テザリングの一番のメリットは、手持ちのスマートフォンやタブレットを使ってパソコンやゲームでインターネットが使えることです。他の機器は必要ありません。

そして使い方によっては3種類の接続方法が選べることです。Wi-Fiの場合はある程度の速度で一度に複数端末が使えます。バッテリーを節約するのであれば、USBケーブルで接続する方法を選べます。

デメリットはWi-Fiでつないだ場合のバッテリー消費が激しいことと、通信データが大きければ通信制限にかかってしまうことです。

手持ちのスマートフォンを使える手軽さは大きなメリットですが、バッテリーと通信制限問題は大きなデメリットといえます。

 

まとめ

 

使う場合の手軽さで言えばスマートフォンやタブレットのテザリングが優勢ですが、バッテリーやデータ使用量が気になるくらい長時間使う場合や大きなデータの送受信にはモバイルWi-Fiがおすすめです。

ただしモバイルWi-Fiも通信状況にムラがある場合や契約上の注意点などを頭に置いておく必要があります。

インターネットを外出先でどんな目的に使うか、自分のスタイルに合わせて賢く選んでくださいね。

 

『モバイルWi-Fi』のメリットとデメリットは?

私たちが暮らす日常生活の中で欠かすことのできないインターネット。職場や学校だけでなく、様々な娯楽やサービスの利用を始め、当たり前の生活を送るためには必須のものですね。

生活スタイルやサービスの多様化とともにネット環境も柔軟なスタイルが必要になってきました。

そこで今回紹介するのは、自由さが魅力の『モバイルWi-Fi』です。

『モバイルWi-Fi』のメリットとデメリットを理解したうえで、自分らしいインターネットの環境を選んでいきましょう!

『モバイルWi-Fi』ってどんなもの?

 

インターネットを使用し始める時に、光回線などの固定回線は開通工事が必要ですが、『モバイルWi-Fi』の場合はその面倒な工事が不要です。契約したその日から『Wi-Fiルーター』の電源を入れるとインターネットが使えます。

これは『モバイルWi-Fi』の一番のメリットかもしれませんが、そのほかのメリットやデメリットも存在します。

 

『モバイルWi-Fi』のメリットとは?

 

  1. 工事不要でインターネットがすぐ使える

光回線などの固定回線は、契約したのち使用開始のために工事が必要です。工事日の調整をし、当日は立ち合うなど何かと面倒なことが。引っ越し先の賃貸物件によっては固定回線に対応していないこともあります。

その点『モバイルWi-Fi』は契約後ルーターの充電をして電源を入れると、すぐにインターネットに接続できます。

手間をかけず物件も選ばないので、一人暮らしの方にはピッタリですね。

  1. 持ち運びOK!いつでもどこでもネットができる

モバイルという名の通り、コンパクトで携帯できるルーターなのです。外出先に持っていき、好きな場所でインターネットが利用できます。普段のお出かけはもちろん、旅行や出張でもスマートフォンに限らずPCを使う事ができます。公共のWi-Fiスポットを探すわずらわしさもありません。

  1. 一度に複数端末での使用が可能

『モバイルWi-Fiルーター』があれば、家族みんながそれぞれの端末で一度にWi-Fiに接続することができます。スマートフォンやタブレットで動画をみたり、PCでデータファイルを送信したり、ゲーム機でオンラインゲームなど、それぞれ自由にインターネットを使う事ができます。

  1. とにかく設定が簡単!

『モバイルWi-Fi』を充電して電源を入れ、端末でネットワークを選びパスワードを入力するだけです。無線なので配線の必要もありません。見た目もすっきりスマートですね。

  1. パケット利用量や通信費の節約にも

Wi-Fiに接続することで、スマートフォンのパケットを気にしなくても良い利点があります。固定回線と比べて安いことが多く、毎月の通信費を抑えることができます。

  1. 通信速度が速くストレスフリー!

スマートフォンの接続をWi-Fiに切り替えると通信速度が上がり、とても快適にインターネットが使えます。出張先や出先でPC操作をする場合など、インターネットでの情報チェックやデータの送受信もスムーズにでき、サクサク仕事をこなすことができます。

 

『モバイルWi-Fi』のデメリットとは?

 

  1. バッテリー切れと持ち運びの手間

モバイルなので携帯して持ち歩くことが前提なので電源はバッテリーです。Wi-Fiルーターのバッテリー容量にもよりますが、一般的には連続通信時間は約6~10時間程度です。バッテリーが切れると全く使えないので、場合によってはモバイルバッテリーを一緒に持つ必要があります。

中にはモバイルバッテリーを兼ね、連続18時間使える大容量(3000mAh程)のものもありますが、容量が大きくなればそれだけ本体も重くなります。

  1. 通信状況が不安定なことも…

『モバイルWi-Fi』の対応エリアはどんどん広がっています。主要な都市部はほぼカバーできていますが、地方にはまだ使えない地域があります。

ただ、対応エリア内なのにも関わらず、建物の中など壁の材質によって接続状況が不安定になる事があります。以下のような条件が重なると通信ができないことがあります。

・窓が少ない

・建物周辺に電波を遮断するものが多い

・高層ビルもしくはマンションである(15階以上)

通信状況を比べれば、光などの固定回線の方が安定しているでしょう。

  1. 『使い放題』なのに通信制限とは?

使い放題の契約なので通信量の制限は関係ないと思っていませんか?

毎月の累計使用量は確かに無制限なのですが、ある条件になると通信を制限されてしまいます。

例えば『3日間で10GB以上使用した場合』の速度制限などです。ただし速度制限と言っても非常に緩いものである場合、通常画質でネットの動画を見る程度であれば問題なく使用できます。

契約内容により、内容が大きく異なってくるので注意が必要です。

  1. 契約期間の縛りや高額な解除料が発生!?

『モバイルWi-Fi』はほぼどの会社でも2年もしくは3年間契約期間の縛りがある場合、更新月以外に解約すると契約解除料が発生します。

ここが勘違いしやすいところですが、契約期間が満了すれば料金は発生しないと思っている人もいるそうなので注意しましょう。契約月を忘れず、更新もしくは解約を事前に考えておきましょう。

また、各社で提示する割引プランに惹かれて契約することもあるかと思いますが、このプランが最初の2年もしくは3年間のみ適応になっている場合があります。初回の契約期間が気づかないうちに満了となり、そのまま料金アップした状態で更新されていることもありますので、更新月やプランは忘れず把握しておきましょう。

 

『モバイルWi-Fi』を使うべき人は誰?

 

これまでメリットとデメリットを紹介してきましたが、結局どんな人に向いているのでしょう?以下の項目で自分の生活やインターネットの利用目的をチェックしてみましょう。

多く当てはまれば『モバイルWi-Fi』向きです。

  • 契約したい『モバイルWi-Fi』の対応エリアに住んでいる
  • 一人暮らしである
  • 引っ越しの可能性が高い
  • 転居先で固定回線が使えない
  • 旅行や出張が多い
  • 外出先でPCを使うことが多い
  • PCでの作業効率を上げたい
  • インターネット接続可能な機器が複数ある
  • 通信費を抑えたい

住んでいる地域が対応エリアだとしても、条件によって通信状況が悪い場合があります。契約後、実際に使ってみて通信状況でストレスを感じるのはイヤですよね。

不安を感じる場合は現物をレンタルして試すことをおすすめします。会社によってレンタルの方法は違いますが、賢く利用してみましょう。

 

『モバイルWi-Fi』メリットとデメリットのまとめ

 

『モバイルWi-Fi』は活動的で行動半径の広い人のインターネット環境を快適にするメリットがあります。ただし不安定な通信状況など、万能ではないことも確かです。

大切なのは自分の生活スタイルとインターネットの使用目的をしっかりと把握することです。そして契約内容の確認も怠らないようにして、快適なインターネット環境を手に入れましょう。

 

「モバイルWi-Fi」とは

 

外出先でインターネットをサクサク使いたい!とか、スマホで動画を見たいけどパケットが気になる…なんて思ったことは無いですか?

データ通信するなら、より快適な環境を選びたいですよね。

そこで登場するのが「モバイルWi-Fi」です。「モバイルWi-Fi」って聞いたことあるけど、よく分からない…そんな方も多いはず。

そこで今回は「モバイルWi-Fi」について分かりやすくまとめてみました!

 

「モバイルWi-Fi」とは

 

「モバイルWi-Fi」の前に「Wi-Fi」を簡単に説明します。

「Wi-Fi」とは、無線でルーターを通しインターネットに接続できるシステムで、無線LANの一種です。多数ある無線LANの中で厳しい基準を設け、その基準をクリアした端末はWi-Fiのロゴを使う事が許されます。メーカーが違う製品同士でもきちんと接続できる保証がされているということです。今では「無線LAN=Wi-Fi」と認識されることも多いでしょう。

そして「Wi-Fi」で接続することにより、モバイル回線に比べ速度が圧倒的に早くなるので、動画やデータの重いファイルの送受信、一度に複数の端末が無線で接続できます。

 

このようにメリットの多い「Wi-Fi」ですが、「Wi-Fiルーター」が設置されている場所でなければインターネットに接続できないという場所の制限があります。今では「フリーWi-Fi」を導入している店舗などもたくさんあるので市街地では使用できることも多いのですが、いつでもどこでも使えるわけではありません。また「フリーWi-Fi」はパスワード無しで誰でも接続できるので情報漏洩の危険もあり、注意が必要です。

 

そこで「モバイルWi-Fi(ルーター)」が活躍します。

「モバイルWi-Fi」とは家や店舗などの設置型の「Wi-Fiルーター」をコンパクトで軽量にし、持ち運びを可能にしたイメージです。ワイモバイルの「ポケットWi-Fi」やUQコミュニケーションズの「UQ WiMAX」などは「モバイルWi-Fi」の一つです。

そのほかドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアも「モバイルWi-Fi」を販売しています。キャリアに縛られないSIMフリータイプもあります。

 

「モバイルWi-Fi」の仕組み

 

室内外を問わずインターネットが使える「モバイルWi-Fi」。どのような仕組みになっているのでしょう。

冒頭で「Wi-Fi」を簡単に説明しましたが、基本的には同じです。違う点は室内で使う設置型の「Wi-Fiルーター」の代わりに電池を搭載した「モバイルWi-Fiルーター」を使うことです。使いたい端末で「モバイルWi-Fi」のネットワークを選び、パスワードを入力すれば設定完了です。

次に通信回線の特徴について説明します。大手キャリアの4G(LTE)回線を使うものは使用可能エリアが広い反面、通信速度はそれほど早くなく、ネット通信の利用者が多い場所などではアクセスが集中して通信障害がおこりやすくなります。ただし建物の中などの障害物には強く、電波が届きやすい強みがあります。一方WiMAXは大手キャリアの4G(LTE)とは別の周波を使っているので余裕があり通信速度は速いのですが、障害物に弱い面があります。そのため屋外での使用がおすすめです。

それぞれ強みや弱みがあるのですが、2つの回線を併用するプランを選ぶことでエリアをカバーしながら快適な通信でインターネットを利用することもできます。

 

「モバイルWi-Fi」でできること

 

文字通り「モバイル」なので、携帯して持ち運び、外出先でインターネットを使う事ができます。さらに無線なので、複数端末を一度に接続することもできます。

出張の多いサラリーマンなどは、出張先の商談や移動中の暇つぶしなどインターネットをフルに使う事ができますね。住環境が変わりやすい学生さんや単身の方も「モバイルWi-Fi」で身軽にインターネットを使うのもおすすめです。

 

「モバイルWi-Fi」のメリット

 

  1. 工事が不要

携帯電話の回線やWiMAX回線を使うので工事が不要で、契約してすぐに使用可能なのでとても手軽です。

  1. 時間や場所を選ばずインターネットに接続できる

持ち運びが可能なので、自宅だけでなく旅行先の室内外でいつでもインターネットが使用可能です。

  1. 複数端末をネットワークにつなぐことができる

外出先でも一度に複数の端末を無線でインターネット接続することができます。

  1. スマートフォンの通信速度を上げることができる

スマートフォンを接続すると、モバイル回線より使用速度が上がります。ただし、「モバイルWi-Fi」の契約内容により速度制限がかかる場合もあります。

  1. スマートフォンのパケット使用量を削減

「モバイルWi-Fi」につなぐことで、スマートフォンのパケットを気にせずインターネットを使用できます。

 

「モバイルWi-Fi」のデメリット

 

  1. 使用エリアの制限

最近では使用可能なエリアが広がってきていますが、地方では対応していない地域があります。また、高速通信などは一部の都市エリアに限られることがあります。

  1. プランによる通信制限

スマートフォンなどと同じですが、契約プランによっては通信制限があります。制限がかかると画像自体が表示されないほどの速度になってしまうものや、画像のレベルを落とせば動画の視聴が可能な速度のものまで、会社によって制限の内容も変わります。

  1. バッテリー切れ

ルーターは充電式です。長時間の外出の場合は充電器かモバイルバッテリーを一緒に携帯しましょう。

  1. 他社による回線の無断使用の恐れ

インターネットの接続が無線なので、パスワードを知られると無断使用される可能性があるので、パスワードは慎重に管理しましょう

 

「モバイルWi-Fi」を使う際に気をつけること

 

「モバイルWi-Fiルーター」の機種については最新のものであれば、どれも性能に差は無いようです。

契約プランについてはしっかり比較して選ぶことが大切です。

スマートフォンと同じように、会社毎にたくさんのプランがあります。回線のメリット・デメリットやその組み合わせ、利用量による通信制限など様々です。住んでいる地域に対応していることや使用するデータ量を確認しておきましょう。毎日動画をたくさん観たいのに通信量の制限を設定しているのではストレスが溜まりますよね。逆に時々情報を調べる程度で動画はほとんど見ない人に無制限の契約は不要です。何をするためにインターネットを使うのか、自分のやりたい目的を確認してプランを選ぶようにしましょう。